人生を変えるほどに衝撃的だった人妻との関係

若い女性には比べ物にならない人妻風俗の魅力やテクニックを存分に説明します。

【ずっと毛嫌いしていたんだけど】
人妻どころか、年上さえずっとNGだった僕。 第一、女なんて若くてぴちぴちしてる方がいいに決まってるんだから、わざわざ年上に手を出す必要なんて全然ないと思ってたんですよね。 加えて僕は、年上女性どころかアダルトビデオなどのオナニーアイテムの世話になる必要すらないぐらいのモテ男ですし。 そんな僕が妥協して年上とか人妻なんかに手を出すなんて、まずありえなかったんです。 ところがです、先日、まさかの展開が訪れました。 そんな風に人妻を、いや年上さえ毛嫌いし続けていた僕が、人妻とのセックスを経験することになったんです。 感想ですか? それはもう、すごく良かったですよ。 いや、さっきといっていることが全然違うわけですけど、実際そうだったんだから仕方がありません。 「人妻最高年上最高!!!」の言葉に尽きます。 なんで今まで毛嫌いしてきたのか、まったくもって意味が分からないとも思えるほどでした。
【きっかけはダメな僕へのやさしさ】
なぜ、年上NGの僕が年上かつ人妻の女性と寝ることになったのか、それは、とある飲みすぎエピソードがきっかけでした。 結構ハイレベルな合コンに呼ばれて、かなり気合が入っていた日のこと、僕はちょっとでも場を盛り上げようと、いつも以上にお酒を飲みまくっちゃったんですよね。 それで、気を失って、気づけば店の前の通りで爆睡していました。 いやあ、25にもなって、何やってんだって話ですけど。 男友達も女たちも、一人残らず僕を見捨てていったようで、周囲には誰もいませんでした。 時計を見れば深夜3時で、なんかもう色々と最悪でした。 ですが、そんな時に偶然通りかかった大人な女性が手を差し伸べてくれたんです。 その相手こそが、今回僕に年上、そして人妻の魅力を味あわせてくれた女性でした。
【包み込まれるような始めての感覚】
彼女は自己紹介もほどほどに、ふらふらの僕をタクシーに乗せてホテルへと連れて行ってくれました。 もちろん男女が二人でホテルに入るわけですから、そのままなし崩しにベッドインもしましたよ。 哀れな僕を慰めるように、包み込むように、丁寧にやさしく相手してくれる彼女に、僕は身も心もささげきりました。 フィニッシュの瞬間は、こんな快感味わったことないというぐらいの射精感と共に、大量の精子をぶちまけました。 いやあ、最高! 人妻ということは、事が済んだ後に知りました。 何でも、旦那に浮気がバレて家を追い出されている最中で、寂しかったからちょうどよかったとのことで こんな優しくて最高な奥さん、どうして追い出してしまうのか、僕にはまったく理解できませんでした。 とはいえ、そのおかげでこの夜を味わえたわけですから、個人的には何よりだったのですが。